お寺の話

【転職】寺院勤めからIT業界への転職に成功!必要な資格と心構えは?

こんにちは!団子(dango_hack)です!

私は新卒後、某有名な霊峰にある寺院にて調理場兼お客様対応を3年間していました。

持っていた資格は「栄養士免許」、「普通自動車免許」のみ。

そんな私が「IT業界」への転職活動に成功し、現在3年目に突入しました。

全くの畑違いからの転職で、最初はとても苦労しました。

そこで今回は私が実際に面接で実践した事や、面接前に必要だと感じた資格などと共に面接前、面接後の心構えまでをご紹介していきたいと思います!

これから他業種からIT業種へ転職を考えている方の参考になればと思います!

 

【転職】持っていると有利な資格って?

IT企業への転職にアピールできる資格は以下だと考えます。

  • MOS EXCEL
  • IT パスポート/基本情報処理

あくまでも「あれば一般的なIT系の知識がある。」と思われるであろう資格なだけでこれがあれば必ず受かる。というわけではありません。

他業種なのにITパスポート/基本情報処理の資格まで取っていたらこの子は本当にIT系に入りたいんだな。と思われるのは確かだと思います。

【転職】資格は取って終わりではない

資格は取るだけでは無く、面接で「◯◯に関してどの程度知っていますか?」など質問があるはずなので、嘘はつかずに、しっかりと知識として理解した上で回答できるようにしておきましょう。
緊張する面接で予想外な質問が来るとつい焦って黙ってしまったり聞かれたことと別の事を話してしまう場合があります。
質問がわからない場合は「申し訳ありません。勉強不足でしてこの場では回答ができません。」など、正直に回答することが大切ですね。

実際に私は「Excel」の資格を所有せずに面接を受けたのですが、「関数は使えますか?」という質問に続き、「VLOOKUPはどのような関数ですか?」と聞かれました。

この時の私の回答は、以下のように伝えていました。

団子
団子
VLOOKUPについて、使用したことがなくどのような関数かわかりません。この場では回答が出来ないのですが、今までわからない事はすぐネット等で調べておりましたので、調べることが可能であれば使用することはできると思っています!

全然わかんないけど調べたらわかるよ!って当たり前のような事を言いましたが、ここでは見栄を張ったり予想外の質問に対する臨機応変さをみていた面接官に言われたので、多少たどたどしくても良かったようです。

ちなみに現在の私はMOS Excelの資格しか持っていません。

団子
団子
基本情報処理の試験難しいいい

 

【転職】心構え

団子
団子
無資格でIT企業を5社中4社受かった時に気をつけていた心構えを書いていきます!

 

【転職】面接を受ける前の心構え

IT業界への転職で必要な資格はズバリ「特に無い」と思っています。

持っておくと有利になるであろう資格はありますが、これは入社後に知ったので、資格がなくても面接に受かることは可能かと思います。

え、資格無いと面接に受からないでしょ?って思いますよね。

実際に私が持っていたは「栄養士免許」、「普通自動車免許」、強いて言うならお寺で積んできた「徳」くらいです。

だからと言って「資格?持ってないですけどマジウケ〜!転職シヨ」なんて態度では面接にも受からないと思います。

一口にIT業界と言っても、ものすごく沢山の種類があるのです。

私は面接を受ける企業がどのような企業なのかを知り、事前にどのような資格が使えそうなのかを考えました。

例えば、
通信関係のIT企業なら「通信関係の資格」
金融関係のIT企業なら「金融関係の資格」
団子
団子
このように面接を受けようとしている企業がどのような会社なのか、どのような知識を使って仕事をするのか、どのような人材を求めているのか、これらを考えた上で面接に挑むことが大切です。

面接の場では、御社はこのような業種なので、このような資格が必要だと思い現在勉強中です!などとアピールが出来ればいいのかと思います。

私はこの方法で5社中4社から合格をいただけました。

全然微妙かもしれないですが、それでも合格しているので少しは影響があると思います。

しかし、あくまでも私の場合ではあるので、臨機応変に嘘はつかないように、面接を受ける企業が求めている人材ですよ〜とアピールすることが一番の大切な事だと感じます。

私の場合は、前職が寺院だったことが面接官の方の目に止まることが多く面白がってもらえた事が大きかったです。これはかなり有り難かったです。

団子
団子
では面接後(入社後)の心構えを見ていきましょう!

【転職】面接後(入社後)の心構え

これはもう勉強勉強勉強です。

後は沢山の方とコミュニケーションを取る事ですね。

今私のしている仕事は、プログラミングや事務員では無く技術系の仕事をさせてもらっています。

働きながら覚えるにしても仕事はどんどんやってくるので、通勤時間や土日にはネットで調べるなどして勉強をしていました。

本来であれば、仕事をしながら学んで、業務時間外には勉強はしなくてもいい。これが大切な様ですが、まだまだ日本の企業はそこまでゆとりが無いように感じるので多少の勉強は業務外に必要になる事が多いと覚悟はしたほうがいいと思います。

もし入社した会社が業務外に勉強をしなくても業務で教えてもらえるよな環境であればかなり運が良かったと思った方がいいかもしれませんね!

私の場合ネットにも乗っていない、そもそも何を調べたらいいのかわからない。初めて聞く言葉だらけでもうやだやめよう。って思っていました。

しかし、皆さんものすごく優しく、同じことを何度聞いても快く教えてもらえていたので、完全に周りの方のおかげで3年間続けてくることができました。

団子
団子
プロの技術員の人って、素人が何がわからないのか、何に悩んでいるのかが分からないことが多いようです。。

それって、お客様への説明時についていけば私ってお役に立てるんじゃないの!?

って前向きにガンガン質問していました。

私たちは素人で入社しているので、ガンガン聞いて教えて貰っても悪いことでは無いです。

わからないことをそのままにしておく事がいちばんよくない仕事のやり方なので、どんどん聞いていく姿勢を持つべきだと思います。

(聞いたことはメモに残して同じ事を何度も聞かなくていい様に努力することも大切ですよ!(笑))

団子
団子
いやあ、どこに行ってもコミュニケーションって大切なんだなあとここで実感痛感。

【転職】辛くなった時は…

同期の新卒で入った女の子が別の部署で働いているのですが、全く知らない仕事を何の説明もなく任されていて、質問をしても何で知らないの?状態、毎日遅くまで残業している状況が2年くらい続いていたようです。

やらなきゃ…って使命感を持つ前に、自分の体が一番大切なので、辛くなる前に撤退するのがいちばんの得策です!

そんなすぐやめたら履歴書が汚れる〜とよく聞きますが、そんなの関係ないです。

面接後(入社後)の一番の大切な心構えは「いつでも仕事は辞められるし、履歴書のうんぬんは気にしない。辛くなったらすぐに辞める。」

これが1番です。

しかし、辞めてまた転職だと金銭面にかなりの打撃を受けてしまうので、ここは自己責任になります。

でも体を壊して入院生活よりかは、バイトや派遣をしながら転職した方が私はいいと思います。

即日の派遣などであれば1日で8000円程稼げたりしますしね!

何かあった時のために、本業以外にも収入を得る方法を日頃考えておく事をお勧めします。

ブラック企業に制裁を。

 

【転職】IT業界へ転職してみた感想

私が寺院を辞めてIT業界へ転職した理由は、ズバリ「給料」が高そうという舐めた考えで転職をしました(笑)

結論から言うと、私の場合だと資格も無い状態での、仕事だと給料は安いです。そして勉強することが多くて自分の時間が減りました。

しかし、仕事は楽しくできていて残業も少ないためそこまで苦痛ではありません。(残業代もでるし。)

以前1年ほど別のIT企業で勤めていた時は、現在の給料の半分程しかもらえず、残業代、ボーナスはなしでした。

一人暮らしでよくもまあ1年も続いたなあって思います(笑)

その後働きながら転職活動を行い今の会社に入社したのですが、転職して良かったー!と心から思っています。

1年で転職って(笑)言われていたのですが、何の問題もありません。

周りの意見より自分の気持ちですね。

自分を守れるのは自分だけです。

 

まとめ

ずらーっと書いてきましたが、最後に簡潔に大切なポイントだけをまとめました。

私の経験で少しでも転職を考えている人のお役に立てたらいいなと思います。

  • 入社前に取っておくと有利になりやすいのは「MOS Excel」「ITパスポート/基本情報処理」(あくまでも一般知識)
  • 面接前の心構えは「面接を受ける企業が求めている人材を把握し、それに沿って自分をアピール」「斜め上な質問が来ても回答に悩んだら正直に答える」
  • 入社後の心構え「辛くなったらいつでも辞めれる。周りの意見は関係ない!」
  • 本記事はあくまでも私の経験であり、全てが正しいわけではない。あくまでも参考にしてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
団子
団子
みなとに未来のある県に住む女子の日常をお届け! 美容や便利品、お出かけなどさまざまな記事を書いています。 薬膳アドバイザーと栄養士の資格も取得したので、生きていくうえで便利な情報もお届けしていきます☺